引越し見積もり術

最安値の引越し料金を出すためにやることは決まっています。

まだまだ安くなる引越し見積もり術では、基本的な事から裏技的な事まで掲載して行きます。
引越し料金がきちんとした定額料金になるまでは、永遠と使える内容なので参考にして下さい。

 

 

まずはじめに引越し料金に相場はありません。

 

とはいってもある程度の参考額は知りたいものです。
単身では1万5千円〜2万5千円
家族では4万円〜8万円が相場と言われていますが繁忙期になれば3倍から4倍に跳ね上がる事も往々にしてあります。

 

逆に閑散期になれば、単身でも1万円を下回る引越しも可能です。

 

繁忙期でも全ての業者が忙しい訳ではありません。
日曜日の午前便だからといってどこの業者も予約が埋まっている訳でもありません。

 

暇な業者さえ見つけられれば、相場よりも格安に引っ越せることが可能になります。
あまり、相場を参考にし過ぎると、業者側の即決価格による低価格の料金提示に安い!と勘違いしてしまうので注意が必要です。

 

 

引越し料金の決まり方

 

引越し料金は移動距離+トラックの大きさで大まかな金額が出されます。
移動距離はどうにもなりませんが、トラックの大きさは変更することが可能です。

 

小さいサイズのトラックで運んでもらうには、見積もり前に部屋の掃除や整理整頓が必要不可欠です。
見積もり前には部屋の掃除を行った方が良いですか?という意見もありますが当然行います。

 

散らかった部屋、ゴミなのか持って行く荷物なのか捨てる荷物なのか分からない状態で見積もりを依頼すると、
業者としても困り果てて、引越し当日までに荷造りが終わらず大幅に作業が遅れる危険なお客様として見積もり額を高く提示する事があります。

 

営業マンには毎月のノルマがあっても、面倒くさい客はお断りされるので、最低限の荷物の整理ぐらい行っておきましょう。

 

相見積もりの重要性

 

冒頭でも記載しましたが、引越し料金に相場は無いため、その時々の条件や荷物量から料金を出してもらう為に相見積もりが重要になります。

 

実際に見積もりを取ると分かりますが、1社よりも2社また3社4社と見積もりを増やしていくと料金が下がっていきます。

 

相見積もりで重要なのが他社の料金を正直に伝えてしまう事です。

 

業者側も他社の料金を尋ねてきますが、正直に伝えてしまった方が交渉も早く、営業マンも契約を取りたい為、その金額より下げるしか方法がありません。

 

さらなる値引きが無理な場合は、業者側からお断りされるので遠慮する必要はありません。

 

こちらとしては、早く安い業者を見つけたい訳ですから、他社の料金を隠す必要もありません。

 

どの業者同士で相見積もりを取ればよいのか分からない場合は引越し一括見積もりを使用して下さい。

 

 

安いから悪いという訳ではない。

 

引越しは大手だから高い。中小だから安いという事はありません。

 

しかし、安すぎると不安になってしまうのも事実です。

 

安い業者で確認したいポイントは、保険の加入と、建物の養生、その他荷造り資材の準備や回収の三つです。
これらの対応をしている業者であれば、安くても問題はありません。

 

引越しでは破損や紛失といったキーワードが良く見られますが、そう頻繁に起こる事ではありませんので不安がる必要はありません。

 

交渉方法はどうやるの?

 

交渉の基本は下手(したて)に出るのがもっとも有効的です。こちらはお客様といった上からの応対ではちっとも安くなりません。

 

効果的なセリフは
この不況なので、比較して一番安い業者にお願いしようと思っている
を使って下さい。

 

営業マンは他社との料金比較に弱いため、中でも一番の低価格を提示しようとしてくれます。

 

また、
安くしてくれたら、今度引越す知り合いにも勧めておくんだけど・・・
といった業者にとって得になる交渉方法もお勧めです。

 

本当に知り合いに紹介するかも知れないので、嘘にはなりません。

 

中小業者であれば口コミも重要にしているので、安くしてくれたら口コミで広めておくといった方法も利用しましょう。

 

転勤が多い方であれば、次回に引越す時も使うからとリピーターになる事を促すのも良いでしょう。

 

 

 

安くする為の最後の決め手

 

全ての事を確認し、サービス内容も料金も問題なければ、さらなる値引きのために、
今日御社に決めるのでもう少し安くして下さい。
と付け加えてみてください。

 

1社目より2社目の方が間違いなく安くなっていきます。

 

ちなみに営業マンと作業を行うスタッフは基本的には異なるので、いくら安くしてもらっても、作業が雑になるのではなかろうか?また人員を減らされるのではないか?など気兼ねする必要はありません。

 

見積もり書に書かれた内容と、実際の引越し内容が異なる場合は返金の対象になります。
(作業人数を減らされた!その人数分を引越し料金から減額しなければいけません。引越し約款より)

更新履歴