引越し見積もり術

細かい事でも安くするためにはバカに出来ません。

引越しの料金というものは決して馬鹿にできないほどの金額がかかってきますので、少しでも節約したいところです。そこで、引越し料金を安くするための方法をいくつかお教えします。

 

 

まず一つ目は、引越しの日程です。

 

よく言われるのは繁忙期とそうでない時の違いですが、そうは言ってもなかなか季節レベルで日程を調整するのは難しいところです。

 

 

そこで、業者に対して細かい日程の調整をお願いする、という方法があります。

 

見積を取る際に、細かい日程はお任せで決めてもらっていいので安くできないかと聞くと、それなりに安くなることがよくあります。

 

これは、特に大手の引越し業者は正社員を使っていることが多く、仕事を埋めておかないと人件費が無駄になるので、利益よりも人件費節約のための値段にしてくれる可能性があるからです。

 

 

またもう一点、細かい話ですが、一気に続けて訪問見積を受けるという方法があります。

 

これは、例えばA社からの訪問を10時に予定したら、次のB社は10時半や11時に、とするということです。

 

つまり、A社が玄関先でB社と出会うようにするわけです。これも大手の業者2社に対して行うと効果があります。

 

 

だいたい大手の営業マン同士は相手がどこの会社か察しますので、後からきたB社は最初から値段を大きく下げてきますし、A社も、B社の訪問途中に電話をかけてきて値引きを提案してくるなど、明らかに対抗心を燃やしてきます。

 

 

少し相手の営業マンがかわいそうに思えるかもしれませんが、最初からどちらかの会社に絞ってしまえばお互いに時間も省けますので、Win-Winの関係になれるとも言えます。

 

 

引越しの料金は営業マンのさじ加減で大きく変わりますので、質の高い業者を安く契約できれば、お財布にも家財道具にも優しくできます。一度お試しください。